ジーン・ステム(株)は
遺伝子、幹細胞、そして血管形成の制御により
「がん」の発生や再発の予防を実現する
研究開発を行なっています

事業内容 - Services

 ジーン・ステム株式会社では、がん(腫瘍)の悪性化(浸潤、転移、再発など)はがん幹細胞により誘導されることから、がん幹細胞に作用し、がんの発症や再発を予防する治療法の開発を行っています。

 また、がんの治療開発をサポートすべく、がん幹細胞を捉えることのできる抗体の提供も行っています。

 さらに、腫瘍や網膜症、慢性炎症性疾患など、加齢関連性疾患における血管形成をコントロールするための治療法の開発に加え、血管新生に関わる薬剤のスクリーニングをサポートする受託も行っています。

What's New一覧へ

2019.7
Webサイトをリニューアルしました。
2016.7
発明「PSF1遺伝子発現抑制剤」が特許原簿に登録されました(特許第5975475号)。
2016.6
発明「PSF1遺伝子発現抑制剤」が特許原簿に登録されました(特許第5946558号)。
2016.3
発明「PSF1遺伝子発現抑制剤」が特許原簿に登録されました(特許第5897167号)。
2016.3
発明「PSF1遺伝子発現抑制剤」が特許原簿に登録されました(特許第5897162号)。
2015.7
発明「PSF1遺伝子発現抑制剤」が特許原簿に登録されました(特許第5769852号)。
2015.7
大阪府の「おおさか地域創造ファンド・重点プロジェクト事業」で平成27年度の助成事業に選ばれました。
本事業では「経口摂取可能な悪性腫瘍罹患を回避する機能性素材の開発」を行います。
2014.12
科学技術振興機構のA-STEP平成26年度第1回公募ハイリスク挑戦タイプに採択されました。
本事業では「がん幹細胞機能分子PSF1制御によるがん再発予防薬/治療薬開発」を行います。
2013.6
大阪府の「おおさか地域創造ファンド・重点プロジェクト事業」で平成25年度の助成事業に選ばれました。
本事業では「薬剤排出ポンプ機能制御による低侵襲がん治療法の開発」を行います。
2013.1
科学技術振興機構のA-STEP平成24年度第2回公募FSステージ シーズ顕在化タイプに採択されました。
本事業では「がん幹細胞機能分子GINS複合体制御によるがん予防薬/がん幹細胞治療薬開発」を行います。
PAGETOP